氷見寒ブリいただきました(^^)/

氷見寒ブリ
それも極上寒ブリいただきました(^^)/
d0091442_0371913.jpg

土曜休みの今日も、ヨモちゃんたちと沖釣りしてた。
ま、別にいつものルーチンワークてなもので(笑)

タイラバで根魚、電動でヤリイカのダブル狙い。
寒いのイヤンと8:30集合(^^;)

一応、ヤリイカ、するめいか、カサゴ、レンコ、サンペイなどで。
釣果と申せるものはございませんでしたm(__)m

さ、もうイカの当たりゼロやし、帰ろう、で16:00帰港。

「氷見寒ブリ買って帰りたいんだけど、どうかな」
「魚屋に聞いてあげるよ」ヨモちゃん、なじみの魚屋さんに電話。
「・・・しっぽのところしか残ってないらしいよ」
「いいよ、氷見寒ブリのしっぽなら美味しいでしょ、2000円ほどお願いするかな」
「了解」

ヨモちゃんに付いていって、魚屋さんに到着。
おかたずけ中の感じ。ヨモちゃん、親しげに挨拶してる。

「何人分いるの」と店主。
「5人分ほどお願いします」と私。

「実は、とっておいた12㌔級のいいのがあるんだけど、じゃあ、これ全部だなあ」
すごいいい部位が登場!!
どうも、ヨモちゃんに、あげたそうである(^^;)
「僕はいいのでジムさんに分けてあげてください」
店主は、あっという間に捌いて皿に盛りつけて包んでくれた。
「お代は?」
「よもさんの分が終わってからね・・・」
「は、い・・・」

ヨモちゃんのぶんも見事な寒ブリのいい部位を取り出しさばいていく。
ヨモちゃんリクエストのカサゴのお造りも見事にさばいていく。
私とヨモちゃんのぶんの寒ブリのカマと頭のザンも包んでくれた。

奥さんたちが、「これ食べてみて」と
見事な寒ブリのザンの、骨まで柔らかく煮込んだのをだしてくれた。
「美味しーーーーーい(^◇^)」
「あまくどいでしょう」と、氷見ハト麦茶「飲まれ」と、だしてくれた。
骨まで柔らかく煮込む方法も教わった。

「ヨモさんにいつもお世話になってますから」と結局、お代はまったく払わせてもらえず、
めちゃ、お世話になってしまった。
氷見寒ブリのほんとに美味いのを食べるのは、かつて、イチさんとこでみんなで捌いて食べて以来、何年かブリである。

今年、こんな最高なことがあってしまった。
ヨモちゃんのお蔭としかいいようがないm(__)mm(__)m
d0091442_038896.jpg

味は、完全に☆☆☆☆☆だった。
[PR]

by jimjim27 | 2016-12-04 00:38 | 沖釣り | Comments(2)

Commented by ヨモ蔵 at 2016-12-13 00:24 x
まさか氷見方面に足を向けて寝てないでしょうね。
Commented by jimjim27 at 2016-12-18 00:12
ヨモ蔵 さん
もちろん、氷見方面に足を向けて寝てません。
なので、おかわりお願いします。